「トリプルエー投資顧問」は株活に役立つのか?

株式投資顧問の口コミや評判を検証して評価します。

 

トリプルエー投資顧問は役に立ちません!

「トリプルエー投資顧問」の特徴

トリプルエー投資顧問株式会社の運営するトリプルエー投資顧問の特徴はかわいいイラスト満載の親しみやすいウエブサイトです。多くの投資顧問会社が自社サイトを証券会社のサイトのように理知的で信頼感のあるデザインにするのに対し、子供向けのサイトのようなデザインとなっています。宣伝広告では『株式会社ArgoNavis(アルゴナビス)代表取締役・清水洋介氏』の『株式投資羅針盤』と『有限会社ユビキタストレーディング代表取締役・山根亜希子氏』の『注目マーケットレポート』を広告塔に積極的にアピールしていますが、これらはあくまで無料配信されるコラムとレポートで、トリプルエー投資顧問の契約締結前交付書面によると、トリプルエー投資顧問株式会社の分析者・投資判断者・助言者は新田将人氏・杉浦和孝氏・南部大介氏となっており、清水洋介氏・山根亜希子氏の名前はありません。2人が分析や投資助言に深くかかわっているような錯覚をしかねない広告戦略です。清水洋介氏はTV出演もありそこそこ有名なので、投資助言してもらえるのであれば話を聞いてみたい気もしますが、単なる広告塔に過ぎないとなるとトリプルエー投資顧問の内部スタッフに投資助言者として表に出せる人物がいないのでは?とかんぐってしまいますね。また、トリプルエー投資顧問評判はサイトデザインの親しみやすさとは裏腹に、顧客を裏切るような経営実態があるとうわさされています。会員に提供する銘柄に予め自社で仕込みを行い、利益を得ているとされる内容です。さらに、トリプルエー投資顧問は、悪質情報販売と関係深い「株アカデミー」「株プロフェット」との深いつながりも評判になっています。その評判検証してみましょう。果たしてあなたの評価は?

「トリプルエー投資顧問」の口コミ情報

投資顧問の検証を口コミや評判から判別します。
トリプルエー投資顧問の口コミを集めてみました。

自社で銘柄操作を行い儲けが出たタイミングで会員に指示を出す手法で儲けているクソ会社ですね。利用されてるってことですよね。
こちらに「トリプルエー投資顧問」 の詳しい口コミ多数

他のサイトでめっちゃ評価良かったんですけどサクラだったのか。確かに口コミと同じ日に公開された無料銘柄は下がってるのに、口コミでは利益がでたなんて口コミもいっぱいありますよ。同じ銘柄のはずなのにおかしいですよね。
(引用元 潜入ウワサの投資顧問/株予想サイト  )

高値をつかまされたことがあります。杉浦という担当者の方に勧められました
(引用元 投資顧問の真理 トリプルエー投資顧問

以前利用していた投資顧問が使えず資産が減る一方。その分を取り戻そうと評判の良かったトリプルエー投資顧問に登録した。紹介された銘柄を購入し指示通りに行ったのにさらなる損失でダメージMAX。これ以上利用しても回収できるとは思えない。減った資産を取り戻すはずがこんなことになるだなんて…。

(引用元 口コミ株予想.net )

「しかし勝てない。最初にしていた情報の告知は嘘だったのか?」
(引用元 株予想会社 比較NAVI  )

自社の持ち株を買わせて高値で売り抜ける、いわゆる『はめこみ』をやっているという口コミが多数ありました。有料プランの推奨銘柄で損したという口コミもたくさんありましたが、あまりに推奨銘柄が上がらないため『はめこみ』を確信したのでしょうね。『はめこみ』をやっていないにしろ、推奨銘柄が上がらず、みんな損をしているという恐ろしい現実があります。
もちろん、投資は自己責任です。相場に浮き沈みはつきものです。しかし、その難しい相場を読めるというからこそ高い顧問料を顧客は支払うのですから、外せば怒りを買って当然ですし、サポートがしっかりしていたらこのような口コミがネットに溢れることは無いでしょう。つまり、信頼に足るサイトではないということなのです。
流石にこの口コミを読んだ後では大切な資産を託す気持ちにはなりませんね。

「トリプルエー投資顧問」の商品・サービス

トリプルエーのサイトによると、以下の商品・サービスを提供しているそうです。
■無料コンテンツ
・今日の厳選注目銘柄
・緊急配信スペシャル推奨銘柄
・トリプルエー相場レポート
・無料銘柄診断
■有料コンテンツ
・特注プレミアムスポットプラン/5,000円〜500,000円 (情報内容により変動)

・期間契約プラン/EXゴールドコース
1ヶ月(30日間)契約 →100,000円

3ヶ月(90日間)契約 →200,000円
・期間契約プラン/VIPミリオンコース
3ヶ月(90日間)契約 →500,000円

6ヶ月(180日間)契約 →800,000円
12ヶ月(360日間)契約 →1,000,000円
期間契約プラン/ロイヤルクラウンコース
6ヶ月(180日間)契約 →2,000,000円

12ヶ月(360日間)契約 →3,000,000円

最も安いスポットの個別銘柄情報提供でも5,000円~500,000円で、富裕層向けプランに至っては12か月3,000,000円というけた外れの高額契約になります。トリプルエーはよほど自分達に自信があるのか超強気の料金設定ですね。普通に高すぎると思います。正直言って富裕層がトリプルエーを相手にするとは思えないので、実際には高ければ高いほどいい情報が得られると勘違いしちゃった「たまたま貯金があって払える人」をターゲットにしてるんだと思います。しかし、口コミを読む限り5,000円でも払いたくないですね。

「トリプルエー投資顧問」の評価

評判や口コミを基に、投資顧問を検証しています。

 

「トリプルエー投資顧問株式会社」と関係が噂されている、「株アカデミー」の運営会社「ストックトレード株式会社」の代表者「土屋博嗣」氏は、かの有名な「与沢翼」氏と同じネオヒルズ族として一世を風靡した人物です。そして「土屋博嗣」氏は「有限会社アクロサーブ」という販売会社を使い悪質情報商材販売で荒稼ぎしていた人物です。「有限会社アクロサーブ」では「トリプルエー投資顧問」の運営会社「トリプルエー投資顧問株式会社」代表の「芳賀義隆」氏、「株プロフェット」の元運営責任者「竹村雅道 」氏の両名も「株アカデミー」の運営会社「ストックトレード株式会社」代表の「土屋 博嗣」氏と共に悪質情報商材販売を行っていたことが明らかになっています。「FIP投資顧問株式会社」の契約締結前文書によると同社の主要株主は「土屋 博嗣」氏が代表取締役を務める「株式会社HTホールディングス」。そして3社は同じ「東京都中央区湊1-12-11 八重洲第七長岡ビル」に事務所を構えています。「ストックトレード株式会社」「トリプルエー投資顧問株式会社」に至ってはフロアまで同じ3階にあり(「FIP投資顧問株式会社」は9階)これで無関係だという方が不自然な状況なのです。「トリプルエー投資顧問」「株プロフェット」も当ブログが悪徳サイトとして注意喚起している危険な存在ですが、悪質情報商材を使った悪徳商法の延長と考えられます。「有限会社アクロサーブ」のメンバー3名が「土屋博嗣」氏を中心に今でも活動しているとしたら、「トリプルエー投資顧問」情報商材のように非常に危険な存在ではないでしょうか?口コミの偽装疑惑、はめ込み疑惑、すべて情報商材販売で培った悪徳商法のノウハウが活用された結果ではないでしょうか?

投資顧問系情報商材「トリプルエー投資顧問」の口コミや評判を検証して評価します。

土屋 博嗣氏はなぜ詐○師と呼ばれるのか?

土屋 博嗣」氏はネオヒルズ族としてブイブイ言わせてた頃名前はひらがな表記で(土屋ひろし)と名乗っていました。「世沢翼」氏「久積篤史」氏と並んでネオヒルズ族の代表格とされ「ヒルズ土屋」というニックネームで有名で、TV出演するなどマスコミにも取り上げられる程の影響力がありました。

 

土屋 博嗣」氏は複数の会社を経営していますが、その当時は有限会社アクロサーブ」「日本投資教育出版株式会社」「株式会社ワールドコンサルティング」といった会社名がネットでも良く引き合いに出される会社名です。


土屋 博嗣」氏は有限会社アクロサーブ」で「高額塾」と呼ばれるほど高額な料金が特徴の情報商材を販売していました。稼ぐ系と呼ばれるお金儲けのノウハウを教えるという触れ込みで高額塾を販売。当然稼げるようにはならないので詐○師呼ばわりされる~というパターンを、FXや恋愛系など幅広いジャンルで何度も展開して悪名を轟かせました。
また、「橋本慶一」氏(22歳で六本木ヒルズに住むネオヒルズ族)が
CEOを務める「株式会社インフィニティ」は「プラチナステージ」、「ご近所パトナー」、「セレブコレクション」、「AGEHA」といった出会い系サイトを運営していて、当時約20億の売上をあげていたと言われています。「株式会社インフィニティ」の運営は実質的に「土屋ひろし」氏が行っていたと言われています。なぜなら、それらの出会い系サイトの振込先は、「株式会社ワールドコンサルティング」だったからです。前述の出会い系サイトはほとんど「サクラ」で構成されていて全く出会えない詐欺的なビジネスだったと言われています。
さらに、「土屋ひろし」氏は情報商材の代金回収に決済代行会社を利用していたのですが、「
アクロサーブ」で販売した商品の決済を、顧客に無断で「日本投資教育出版」に切り替えたためクレームが多発しました。決済代行会社にまでクレームが飛び火したため「アクロサーブ」「日本投資教育出版」との契約を解除する騒ぎになりました。
こういった、一般常識が通用しないビジネススタイルのため「土屋 博嗣=土屋ひろし」氏はネットでの評判が悪く詐○師とまで呼ばれるようになったのです。

 

情報商材や出会い系サイトで荒稼ぎし、六本木ヒルズに住んだり数千万円するフェラーリを乗り回したりする様は、人気漫画「闇金融ウシジマくん」の登場人物のモデルになったりしています。「闇金融ウシジマくん」と言う漫画をご存じない方のために補足説明いたしますと、主人公は違法な高利貸しで、毎回さまざまな理由で高利貸しを利用せざるを得なくなった登場人物が悲惨な目に会うという陰鬱な漫画です。「土屋 博嗣」氏の高額塾や出会い系サイトで大金を浪費してしまい、経済的苦境に陥った人は数千人はいることでしょう。
はたして、あなたはこのような人物が絡んだ投資顧問会社に大切な資産を託す気になりますか?投資スクールではなく、悪質な情報商材・高額塾のノウハウでネットビジネスを行っているとも考えられます。「株アカデミー」「下山敬三」氏についてネットで検索すると、非常に良い口コミが溢れていますが、前述の出会い系サイトで「土屋 博嗣」氏が培った得意技「サクラ」と考えるのが自然です。ネット上をサクラによる絶賛のコメントで埋め尽くして悪評を人目につかないところに追いやってしまうのはネットビジネスの世界では悪徳業者の常套手段なのです。しかし、過去の悪行の数々を完全に消し去ることはできません。

 

「株プロフェット」「FIP投資顧問株式会社」→親会社「株式会社HTホールディングス代表「土屋 博嗣」氏
「トリプルエー投資顧問株式会社」代表「芳賀義隆」氏=「有限会社アクロサーブ」で「土屋 博嗣」氏の部下
「株アカデミー」「ストックトレード株式会社」代表「土屋博嗣」氏
(3社は同じ「東京都中央区湊1-12-11 八重洲第七長岡ビル」に事務所がある。)

「土屋 博嗣」氏は、『「土屋ひろし」名義で非常に高額なのに全く結果が出ない情報商材高額塾の販売』と、『女性会員がほぼ全員サクラの出会い系サイト運営』で荒稼ぎしてきた人物です。「ヒルズ土屋」の異名を持ち六本木ヒルズに住み超高級車フェラーリを乗り回す養分はこういった悪徳商法の被害者なのです。
結論
「株活」認定悪徳サイトです。
「トリプルエー投資顧問」は、悪質な情報販売業者のグループ企業です。その経営方針は自社の利益を最優先し、そのためには顧客を騙す事もいとわない極めて危険なグループです。投資家に利益を出させることが使命の投資顧問業とはかけ離れた存在なので、近づかない方が無難です。

「トリプルエー投資顧問」の基本情報

投資顧問系情報商材「トリプルエー投資顧問」の口コミや評判を検証して評価します。

 

サイト名:トリプルエー投資顧問
運営会社: トリプルエー投資顧問株式会社
登録番号: 関東財務局長(金商)第2342号
電話:03-3523-5510
メール:info@triple-a-invest.jp
会社所在地: 東京都中央区湊1丁目12-11 八重洲第7長岡ビル3階